猫でことわざ その五

いい加減 終わりにしようよ~ いーーーーえっ 猫 で ことわざです 真綿に針を包む (まわたにはりをつつむ) 【意味】表面はやさしく親切な態度だが、心の中には底意地の悪さを持っていることのたとえ。 猫でことわざ:味噌 笑い顔に針を包む 嫌な笑い方をしています 「にやり」がピッタリです いったいどんな針を包んでいるのでしょう あぁ、、、また味噌を腹…

続きを読む

猫でことわざ その四

くどいですね~ 猫 で ことわざです 精神一到何事か成らざらん (せいしんいっとうなにごとかならざらん) 【意味】精神を集中して努力すれば、どんなことでも成し遂げられないことはない ウ~ン、、ウ~ン、、、猫でことわざにならない でも、こうして一心不乱に遊んでいれば、きっと何かを見つけ出しそうです 袖振り合うも多生の縁 (そでふりあうもたしょうのえん) …

続きを読む

猫でことわざ その三

猫 で ことわざです 高みの見物 (たかみのけんぶつ) 【意味】 利害の関係ないところから、傍観することのたとえ 猫でことわざ:高みの見物猫もすなる ことわざになっていません(^_^.) こんなに身軽な時期もあったというのに、今はすっかり下界の猫になり果てました 見えますか?鯛の下に味噌がいるんですよ 細工は流流仕上げを御覧じろ (さいくはりゅう…

続きを読む